ホームへ  メンズコーラスまつぼっくり : 軌跡  
年度選択 : 左クリック (ページ上部で)
2013年 大手前病院クリスマスコンサート 12月  
阿倍野区医師会忘年会 ミニコンサート 12月  
  (夏季懇親会)  8月  
第4回 TGコーラスまつぼっくり お楽しみ会  3月  
  スプリングコンサート  3月  
(新年会)  1月  


ページトップへ

大手前病院クリスマスコンサート

  • 日時 : 2013年12月17日(火) 18:30〜19:40
  • 場所 : 大手前病院 ロビー
  • 出演
    コーラス TGコーラスまつぼっくり
    合唱指揮 井岡潤子、川下由理
    伴奏 山田利恵、鷲北るり子
    司会 町井嘉子
     他

TGまつぼっくり恒例の第7回クリスマスコンサートが開催されました。 もう7回目なのですね〜。 このクリスマスコンサートへの出演がウィメンズコーラス結成への一つのきっかけであったと思います。 いまや40名という大所帯に成長致しました。

今回は、いつもの大口院長先生と池上さんの連弾に、ウィメンズからフラメンコの角倉さんが参加、華麗なカスタネットとダンスで演奏も盛り上がりました!
コーラスも、男声は有田さんと山根さんがソロという今までにない形もありましたし、女声はここ一番と声を張り上げたところで、会場から拍手がわき嬉しかったです。
ハープの優しい音、弦楽合奏はやはり格調高い音色でした。

いつもながらロビーは満員状態で、患者さんも一生懸命聴いて下さっていました。 例年より点滴のスタンドが多いのが気になりましたが、食い入るように聴いて下さっていた方達のお顔が、今も目に焼き付いています。 お元気になられて、またどこか別の場所で聴いて頂けたらな〜、とつくづく思いながら、、、、歌っておりました。

ページトップへ


阿倍野区医師会忘年会 ミニコンサート

  • 日時 : 2013年12月7日(月) 18:05〜18:35
  • 会場 : ザ・リッツ・カールトン大阪 ザ・テラスルーム

TGコーラスまつぼっくりが阿倍野区医師会忘年会にゲスト出演しました。
会場は西梅田にあるザ・リッツカールトンホテルのザ・テラスルーム。

品格と見識の高い紳士・淑女のお医者さまを前にして、一流の場所で一流の方々を前に歌いました。

メンズ、ウィメンズ各3曲歌った後、50名を超える混声合唱の迫力で2曲の合計8曲を歌いました。
毎日、ハードな難しいお仕事をされている先生方に少しでも気持ちを休めて頂けたらと演奏曲を選びました。

阿倍野区医師会のお医者さまで、メンズコーラスの柏原さんがテナーで歌われたので、出席されている先生方も身近に聴いて頂けたようです。

今回は、柏原先生のおかげで、とっても良い経験をさせて頂きました。

ページトップへ

夏季懇親会

ページトップへ


第4回 TGコーラスまつぼっくり お楽しみ会

  • 日時 : 2013年3月25日(月) 11:30〜14:30
  • 会場 : 帝塚山学院 本部棟 多目的ホール

第4回お楽しみ会が開催されました。

今年は、津村先生の奥様、池上さんのお孫さんと、ご家族の参加があり、和やかな雰囲気で 開催されました。

津村先生ご夫婦は、ご夫婦の歴史を感じさせて頂ける連弾を演奏して下さいました。
そういえば、前回は江口さんご夫婦の演奏がありましたよね〜。

お楽しみ会も、このように家族ぐるみで楽しんで頂けると嬉しいです〜^^

ラピーニャさんに続いて、AATH38というアンサンブルグループも定着してきました??

年に一度のメンズ・ウィメンズの枠を越えてのかくし芸大会!!

さあ、来年は何がとびだすでしょうか〜?

ページトップへ

スプリングコンサート

  • 日時 : 2013年3月18日(月))
            
    13:40〜14:00 アトリウム
            14:15〜15:20 3階 講堂
  • 場所 : 大阪府立急性期医療センター

オープニング、1Fのアトリウムで1時半開始の予定でありましたが、なんとWBC準決勝の真っ最中でしかも8回、3:1で日本が負けているという状況! ソファーに座っているだれもがテレビに釘付けです。 ありゃりゃと思ってふと見ると、なんと指揮者も必死で見てらっしゃるってなことで、開始は野球終了後で、10分遅れ。

今回は、出演者が会場に散らばっていて、歌いながら舞台に集まってくるという面白い趣向で、歌う方も面白かったです。 歩きながら歌うの初めて。

その後3F講堂に会場を移し、弦楽、フルート、ピアノ、ハンドベルなど多彩なプログラムでした。

アトリウムから引き続き赤い車椅子の若いお嬢さんがずっと手で拍子をとりながら聞いて下さってたのがとてもうれしく印象的でした。

最後の「花は咲く」のときは、涙ぬぐいながら聞いて下さっていた男性もいらっしゃり、こちらもとても感動しながら歌えました。

やはり、音楽も生き物、その場の雰囲気に共鳴し変化していくのだな〜ということを感じておりました。

ページトップへ

新年会

トップページへ 

Copyright(C) 音楽の玉手箱 All Rights Reserved / Music universe since 1997 by schoolmates of Tezukayama Gakuin